アッカ、新宿ワシントンホテル本館に上下15MのVDSLサービスを提供。ビジネス向けフロアが対象 | RBB TODAY

アッカ、新宿ワシントンホテル本館に上下15MのVDSLサービスを提供。ビジネス向けフロアが対象

ブロードバンド その他

 アッカ・ネットワークスは9月1日より、東京・新宿の「新宿ワシントンホテル」(藤田観光運営)にて、上下15MbpsのVDSLサービス「VDSLブロードバンドシステム」の提供を開始する。

 提供対象となるのは、同ホテル本館13階(全65室)のビジネスパーソン向け客室「ビジネスフロア」。同フロアでは各客室にVDSL用のLAN端子が設置され、宿泊客であれば誰でも自室から上下15Mbpsというハイスピードのインターネットサービスを利用することができる。ただしVDSLサービスの利用料金は客室のグレードの違いにより異なり、ハイグレードの「ビジネスシングルデラックスルーム」の場合は無料であるが、「ビジネスシングルスタンダードルーム」の場合、モデムレンタル費用として一泊当たり300円が必要となる。

 アッカのVDSLサービスは、ホテルとアッカのバックボーンを100Mbpsの光ファイバ回線で結び、ホテル内ではDSLAM・モデム間の通信に通常の電話回線を利用するもの。これによりホテル側は各客室に新たにLANケーブルを敷設することなしに高速なインターネット環境を提供することができるほか、24時間の保守・監視体制が整備されており、運用面でのサービスも充実しているという。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top