AIRnet、サービスプランをリニューアル。フレッツ対応コースを簡素化 | RBB TODAY

AIRnet、サービスプランをリニューアル。フレッツ対応コースを簡素化

ブロードバンド その他

 ISPのAIRnetは、提供中のサービスプランのうちフレッツ・ADSLおよびフレッツ・ISDNに対応するコースの簡素化など、サービスメニューの統合を実施する。

 これまでフレッツ・ADSLに対応するコースとして提供されていたプレミアコース(3,500円/月)、ベーシックADSLコース(2,000円/月)、フレッツADSLコース(1,800円/月)は、メニュー統合後は「フレッツ・ADSLコース」(1,800円/月)に一本化される。なお、この変更によってこれまでプレミアコースで提供されていたISDNの128k(2B)ダイヤルアップ接続ができなくなる。新しいフレッツ・ADSLコースで利用可能な接続方法は、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN、アナログ、ISDN64k、PIAFS、PIAS。

 また、フレッツ・ISDNに対応する現行コースのベーシックISDNコース(2,000円/月)とフレッツISDNコース(1,800円/月)は、統合されて「フレッツ・ISDNコース」(1,500円/月)となる。新しいフレッツ・ISDNコースで利用可能な接続方法は、フレッツ・ISDN、アナログ、ISDN64k、PIAFS、PIAS。

 このほか、Bフレッツ・ファミリーコースでのニューファミリーおよびファミリー100対応やダイヤルアップ用の新プランの追加、追加メールアドレスの月額料金引き下げ(300円→200円)などが実施される。

 プラン統合は、9月1日より適用となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top