NTT東西、マンション構内向けの光ファイバ通信システムを発売 | RBB TODAY

NTT東西、マンション構内向けの光ファイバ通信システムを発売

IT・デジタル その他

 NTT東日本とNTT西日本は、新築マンションなど集合住宅向けに、100Mbpsの光ファイバ通信システム「CN-100」を発売すると発表した。シングルモードファイバを使用して最大2kmの伝送が可能なので、大規模マンションなどでも使用できるという。また、VLANによるセキュリティ確保が可能で、ご近所のPCの共有フォルダが自動で表示されたりといったことが起きないように設定できる。

 製品構成は、MDFに設置する24ポートの集合装置「CN-100BOX24S」と、各戸に設置する宅内装置「CN-100E」の2つで、100Mbpsの構内通信が可能。価格は、CN-100BOX24Sが98万円、CN-100Eが5万5千円。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top