日本テレコム、法人向け「ODNビズフラット」で既存コースの値下げと32・64IPメニューの新設 | RBB TODAY

日本テレコム、法人向け「ODNビズフラット」で既存コースの値下げと32・64IPメニューの新設

ブロードバンド 回線・サービス

 日本テレコムは、アクセスラインにNTTのフレッツ・ADSLまたはBフレッツを利用する法人向け接続サービス「ODNビズフラット」について、9月1日付で既存コースの月額利用料値下げを実施するとともに、8月15日には32個または64個のIPアドレスを割り当てる新メニュー2つを追加する。

 まず既存コースの値下げであるが、フレッツ・ADSL利用の廉価コースである「ビズフラット(Aプラン)」を除く全コースが対象で、それぞれ1,000円〜最大46,500円の料金引き下げとなる。

 またあらたに追加される新メニューは、アクセスラインに最大100MbpsのBフレッツ ビジネスタイプを利用し、IPアドレスとして32個または64個の固定グローバルアドレスを割り当てる「ビズフラット(ビジネスプラン IP32)」「ビズフラット(ビジネスプラン IP64)」の2つで、月額利用料はそれぞれ160,000円、190,000円となる。

 詳細は以下のとおり。

■月額利用料値下げ(9月1日より)
 ビズフラット(ビジネスプラン IP8):
  78,000円(従来107,000円)
 ビズフラット(ビジネスプラン IP16):
  98,000円(従来127,000円)
 ビズフラット(ベーシックプラン IP8):
  33,500円(従来34,500円)
 ビズフラット(ベーシックプラン IP16):
  53,500円(従来100,000円)
 ビズフラット(ファミリープラン IP8):
  15,800円(従来18,800円)
 ビズフラット(ファミリープラン IP16):
  35,800円(従来59,000円)
 ビズフラット(マンションプラン IP8):
  15,800円(従来18,800円)
 ビズフラット(マンションプラン IP16):
  35,800円(従来59,000円)
 ビズフラット(Aプラン IP8):11,700円(変更なし)
 ビズフラット(Aプラン IP16):23,000円(変更なし)

■新メニュー追加(8月15日より)
 ビズフラット(ビジネスプラン IP32):160,000円
 ビズフラット(ビジネスプラン IP64):190,000円
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top