飯能ケーブルの本格コース。価格は変わらず。グローバルIPアドレス利用がもっとも大きな特徴に | RBB TODAY

飯能ケーブルの本格コース。価格は変わらず。グローバルIPアドレス利用がもっとも大きな特徴に

ブロードバンド その他

 飯能ケーブルの8月1日付けのサービス改定において、本格コースの大幅料金引き下げは記載ミスと判明した。

 これにより、8月1日より飯能ケーブルテレビが提供するインターネットサービスのうち、本格コースのサービス料金は、従来同様に月額20,000円のサービスのままとなる。また、サービス内容は下りの通信速度を従来の10Mbpsから2Mbpsに引き下げたが、飯能ケーブルテレビの本格コースはこれまでも平均的に1.6Mbpsの通信速度となっており、より現実に近い形での表記に改められたといえる。

 飯能ケーブルテレビが提供するインターネットサービスのうち、本格コースはほかのコースと異なり、固定のプライベートIPアドレスを割り付けることが最大の特徴となっている。また、グローバルIPアドレスの固定割り付けは、本格コースのみの適用となるため、飯能ケーブルテレビの本格コースとおすすめコース(通信速度2Mbpsで月額4,500円のサービス)の大きなちがいは、固定IPアドレスにできるかどうかというところになる。なお、本格コースで公開用のサーバを運用する場合は、別途月額3,000円のグローバルIPアドレス固定割り付けサービスの申し込みが必要となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top