goo、収集から検索可能になるまでのタイムラグがきわめて小さい新型検索エンジンを公開実験 | RBB TODAY

goo、収集から検索可能になるまでのタイムラグがきわめて小さい新型検索エンジンを公開実験

ブロードバンド その他

 検索・ポータルサイトのgooは、新型の検索エンジンの公開実験を8月7日から9月30日まで実施する。新型検索エンジンは、自動プログラムがウェブページを収集して検索に使用する「ロボット型」だが、収集から検索可能になるまでのタイムラグがないのが特徴。

 従来のロボット型検索エンジンでは、検索可能となるまで数日〜数週間かかっていたが、新型エンジンにはNTTサイバーコミュニケーション総合研究所が開発した「リアルタイムインデクシング技術」と「更新日付推定技術」が採用されており、ロボットが収集したHTMLをただちに解析、検索用のインデクス情報を生成して、検索可能とする。

 NTT-Xによれば、この新型検索エンジンは数億ページ規模まで拡張可能ということで、本サービスの検索エンジンに採用されることが期待される。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top