トレンドマイクロ、2002年7月のウイルス感染レポートを発表。減少しつつあるもののKLEZダントツは変わらず | RBB TODAY

トレンドマイクロ、2002年7月のウイルス感染レポートを発表。減少しつつあるもののKLEZダントツは変わらず

エンタープライズ その他

 トレンドマイクロは、2002年7月度のウイルス感染被害レポートを公表した。それによると、もっとも被害および発見件数が多かったのはWORM_KLEZ(クレズ)の1,999件。KLEZについては、5月が4,455件、6月が2,809件ということで順調に減少しているもののダントツのトップが続いている。

 今月あらたにランキングに登場したのはWORM_FRETHEM(フレゼム)で、「Re: Your password!」というタイトルとdecrypt-password.exeという添付ファイルが送られてくるワーム型ウイルス。IEのセキュリティホールを使って、メールをプレビューしただけで発病する。

 このセキュリティホールは2001年3月に公表されたものだが、今回のトップ10だけでみても、KLEZ(1位)、FRETHEM(2位)、BADTRANS.B(3位)、NIMDA(5位)が発病に使用している。1年以上たっても対策されていないPCがあるということだろう。もっとも、添付ファイルをクリックして開くとセキュリティホール対策をおこなっていても発病するため、アンチウイルスソフトを併用する必要がある。

 トレンドマイクロ発表の2002年7月度のウイルス被害ランキングは以下のとおり。

順位 ウイルス名 被害件数 先月の順位と件数
1位→ WORM_KLEZ 1999件 (1位・2809件)
2位↑ WORM_FRETHEM 562件 (初登場)
3位↓ WORM_BADTRANS.B 139件 (2位・169件)
4位→ JS_EXCEPTION.GEN 93件 (4位・62件)
5位→ NIMDA 41件 (5位・35件)
6位→ PE_ELKERN.D 39件 (6位・30件)
7位↓ MTX 38件 (3位・85件)
8位↓ JS_NOCLOSE.E 25件 (7位・24件)
9位↑ X97M_LAROUX 21件 (圏外)
10位↑ WORM_SIRCAM.A 16件 (圏外)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top