[キャンセル] 総務省、6月末のインターネット利用者数を発表。ダイヤルアップ利用者がついに減少へ | RBB TODAY

[キャンセル] 総務省、6月末のインターネット利用者数を発表。ダイヤルアップ利用者がついに減少へ

ブロードバンド その他

 総務省総合通信基盤局は、インターネット接続サービスの利用者数の6月末時点の速報値を公表した。それによると、6月の一ヶ月間における利用者数は、DSL、FTTH、CATVといったブロードバンド接続が順調な増加を続けている一方で、ダイヤルアップ型接続がはじめて減少に転じた。

 サービスごとの増減数は、以下のとおり。

サービス種別 加入数 単月増減
xDSL 330万926 +272,370
FTTH 68,600 +17,670
CATV 162.6万 +5.9万
ダイヤルアップ 約2160.5万 −141万


 増加数がもっとも多いのは相変わらずDSLだが、FTTHの加入数が1万8千近く増加しているのは注目に値するだろう。月を重ねるごとに加入ペースが上がってきており、この調子で行けば、2002年中にはFTTHユーザが20万人を超えることになりそうだ。

 一方でダイヤルアップはおよそ140万の減少と、2000年1月以来、はじめて減少に転じている。これにはISPの合併なども影響しているものと思われるが、この2002年6月が、日本のインターネット利用形態の転換点として記憶されることになるのかもしれない。


注:本記事は、総務省による資料の更新によってキャンセルとなりました。更新された内容に基づく記事は、「総務省発表のインターネット利用者数がアップデート。ダイヤルアップはまだ増加中」となります。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top