シマンテック、あらゆるアプリケーションに統合可能な新型ウィルススキャンエンジン「SAVSE」を発売 | RBB TODAY

シマンテック、あらゆるアプリケーションに統合可能な新型ウィルススキャンエンジン「SAVSE」を発売

エンタープライズ その他

 シマンテックは、8月10日よりウィルススキャンエンジンの新製品「Symantec AntiVirus Scan Engine 3.0」(以下、SAVSE)の販売を開始する。SAVSEは「Symantec CarrierScan Server」の後継製品。

 SAVSEは、ISPやASPのメールシステムや基幹業務アプリケーションと統合し、ウィルススキャン機能を提供するために設計されたモジュール型のウィルススキャンエンジンである。Sun Solaris、Red Hat Linux、Windows NT/2000の各プラットフォームに対応し、複数サーバによるクラスタ構成もサポートしている。同社では、SAVSEによってサービスプロバイダ向けビジネスで8割、他の企業向けビジネスで初年度10億円の販売を目指すとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top