ヤマハ、OCNのIPv6/v4デュアルサービスに対応するRT55iファームウェアを8月上旬より配布 | RBB TODAY

ヤマハ、OCNのIPv6/v4デュアルサービスに対応するRT55iファームウェアを8月上旬より配布

IT・デジタル その他

 ヤマハは、8月よりOCNが試験提供を開始するIPv6/IPv4デュアルスタックサービス「OCN ADSLサービスIPv6デュアル(A)」に対応した、ブロードバンドルータ「RTA55i」用のファームウェアをリリースすると発表した。配布開始はは8月上旬の予定。

 今回の新ファームウェアでは、デュアルスタックのサポートのほか、DHCPv6-PDなどによるプラグアンドプレイ、WWWブラウザによるかんたん設定、IPv6環境下においてもIPv4と同等のファイアウォール機能がサポートされることになっている。

 ヤマハでは、今後同社製の他の機種についても順次試験サービスに対応させる予定でいる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top