真岡ケーブル、8月10日より10Mbpsの「クラスC」新設。既存コースの値下げも予定 | RBB TODAY

真岡ケーブル、8月10日より10Mbpsの「クラスC」新設。既存コースの値下げも予定

ブロードバンド 回線・サービス

 栃木県の真岡ケーブル(いちごてれび)は8月10日より、インターネットサービス「I-Berry-Net」に最大速度10Mbpsの「クラスC」コースを新設する。月額利用料は5,500円(インターネット単独利用)〜7,000円(多チャンネル同時利用)で、同社のサービスでは最速のコースとなる。

 また時期は確定していないが、近日中に既存3コースの月額利用料引き下げも予定されており、実現すれば各コースとも480円(インターネット単独利用)〜500円(多チャンネル同時利用)の値下げとなる。

 詳細は以下のとおり。

■インターネット単独利用
 エコノミークラス(128kbps):2,500円(従来2,980円)
 クラスA(512kbps):3,500円(従来3,980円)
 クラスB(2Mbps):4,500円(従来4,980円)
 クラスC(10Mbps):5,500円(新設)

■多チャンネル同時利用
 エコノミースーパー:4,000円(従来4,500円)
 クラスAスーパー:5,000円(従来5,500円)
 クラスBスーパー:6,000円(従来6,500円)
 クラスCスーパー:7,000円(新設)

※クラスCの提供は8月10日から。また料金改定は近日中に実施の予定。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top