NTTメディアサプライ、既築の集合住宅向けにBフレッツ+VDSLのインターネット接続サービスを提供開始 | RBB TODAY

NTTメディアサプライ、既築の集合住宅向けにBフレッツ+VDSLのインターネット接続サービスを提供開始

ブロードバンド その他

 NTTメディアサプライは、Bフレッツをアクセス回線とした集合住宅向けサービスに、あらたに既築物件向けの「プランC」の提供を開始する。建物内のネットワークにVDSLを使用することで、工事費用などを低く抑えられるのが特徴。通信速度は、下り最大51.2Mbps、上り最大6.4Mbpsとなっている。

 各加入者のコストは、初期費用が18,000円、月額料金が2,890円となっており、月額料金にはBフレッツ回線使用料およびISP料金が含まれる。VDSLモデムは、レンタルの場合700円/月、買取の場合は18,000円。また、オーナー/管理組合の負担については、構内機器の設置スペースおよび電気代のみで、NTTメディアサプライへの初期費用および毎月の料金は特にない。

 この「プランC」サービスは、15加入程度が見込まれる物件であれば1加入から申し込み可能で、加入者の最低契約期間はなし。サービス提供エリアは全国で、今年度の販売目標は10万戸。このサービスは、8月1日より販売が開始される。

 また、あわせて新築向け「プランB」の料金引き下げも実施され、あらたな月額料金は2,800円(旧料金は3,000円/月)。こちらの料金改定も8月1日の実施となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top