阪神シティ、CATV・ADSLともにウィルスチェックサービスを開始 | RBB TODAY

阪神シティ、CATV・ADSLともにウィルスチェックサービスを開始

ブロードバンド その他

 阪神シティケーブル(兵庫県・CATV&ADSL)は、個人ユーザを対象にウィルスチェックサービスを開始した。ウィルスチェックサービスは、1加入契約に対して月額500円の有料オプションとして提供される。

 同社の提供するウィルスチェックサービスは、同社のメールサーバでメールに添付されたファイルに対してウィルスチェックを実行、感染していた場合は駆除し、通知するというサービス。ウィルス対策ソフトはトレンドマイクロのエンジンを使用する。本サービスは、CATV・ADSLサービス両方とも利用できる。

 同社は、8月1日にCATVサービスの速度を下り10Mbps、上り1Mbpsにアップ(現行下り3Mbps、上り256kbps)、15日にはNTT回線を利用したADSLサービス(下り8Mbps、上り1Mbps)をサービス開始することになっており、積極的にインターネット接続サービスの推進に取り組んでいる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top