北海道*BSDユーザーズグループ、ワイコムの無線ネットワーク上でXCAST6接続実験を実施 | RBB TODAY

北海道*BSDユーザーズグループ、ワイコムの無線ネットワーク上でXCAST6接続実験を実施

ブロードバンド テクノロジー

 北海道*BSDユーザーズグループは、ワイコムの無線インターネットサービス「Air11」を利用したXCAST6(Explicit Multicast on IPv6)接続実験を行うと発表した。今回は広域無線ネットワークを使った初の実験となる。今回の接続実験には、創夢、サンビットシステム、名古屋*BSDユーザグループ、北海道*BSDユーザーズグループ、ワイコムの各社が協力する。

 XCAST6はIPv6上で動作し、従来のグループマルチキャストを補完する新しいマルチキャストプロトコルである。従来のグループマルチキャストがライブ中継などのように多数の受信者に送信するといった用途に適しているのに対して、XCASTは多地点ビデオ会議などのように比較的小さなグループで柔軟に運用できる。

 接続実験の概要は、7月30日17:00〜20:00の間、北海道札幌市中央区大通西3丁目、大通り公園内(屋外)で実施される。

 北海道*BSDユーザーズグループは、BSD系オペレーティングシステムに関する情報交換を主な活動とする北海道にゆかりのある人々による市民団体。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top