フレパーネットワークスとアトラスが5,000タイトルを有するBB放送局「どれみるテレビ」の提供を開始 | RBB TODAY

フレパーネットワークスとアトラスが5,000タイトルを有するBB放送局「どれみるテレビ」の提供を開始

エンタメ その他

 フレパーネットワークスとアトラスは共同で、ISP向けブロードバンドプラットフォーム「どれみるテレビ」エンターテインメント系サイトの配信を7月22日に開始した。

 同サービスは、ビデオストリーミング、ライブ、ビデオチャットなど5,000タイトルを有するブロードバンド放送局。利用には会員登録(無料)とポイントの購入が必要となる。現在、新規登録会員先着10,000円名に1,000円分の番組視聴・利用ができるポイントをプレゼントしている。

 同サービスでは、システム開発運用をフレパーネットワークスが、ハードウェアの提供をアトラスがそれぞれ担当しており、コンテンツ企画制作収集は両社で行っている。

 現在提供が決定しているのは下記の11社で、300万人のISP会員向けにサービスが提供される。今後は提携ISPを順次拡大し、年内にISP50社への提供を目指すという。

・提供中
 アルファインターネット
 NMTnet
 ドリームトレイン・インターネット
 ハイデックネット
 Panasonic hi-ho
 横浜テレビ局

・準備中
 アーバンインターネット
 do!up
 C-NET東京
 TikiTikiインターネット
 秩父インターネット
 ヒットポップス
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top