日本電算機、MPEG2テレビ録画も可能なTV接続型インターネット端末「iBOXブロードメディアサーバ」を発売。サーバ機能も搭載 | RBB TODAY

日本電算機、MPEG2テレビ録画も可能なTV接続型インターネット端末「iBOXブロードメディアサーバ」を発売。サーバ機能も搭載

IT・デジタル その他

日本電算機、MPEG2テレビ録画も可能なTV接続型インターネット端末「iBOXブロードメディアサーバ」を発売。サーバ機能も搭載
  • 日本電算機、MPEG2テレビ録画も可能なTV接続型インターネット端末「iBOXブロードメディアサーバ」を発売。サーバ機能も搭載
 日本電算機(JCC)は、テレビ録画も可能な家庭向けホームサーバ「iBOXブロードメディアサーバ」を発売すると発表した。同社のTV接続型インターネット端末「iBOX」シリーズと同様、メールやウェブアクセスが家庭用TVから利用できるほか、内蔵ハードディスクへのブロードバンドコンテンツの受信や、TV番組の録画・再生も可能。こうした機能がすべて1台のリモコンで操作することができるのが特徴である。

iBOXブロードメディアサーバ:本体とリモコン


 iBOXブロードメディアサーバは、is-1、is-2、is-3の3モデルで、いずれもEPG・タイムシフト対応のテレビ受信・録画機能をもつ。ハードディスクは最大160GBで、外部入力(Sビデオ/コンポジット対応)からの録画もできる。ネットワーク関連の機能としては、NATによるブロードバンドルータとして利用できるほか、ウェブサーバ・メールサーバとして利用できる。セキュリティについては、iptablesによるルール設定のほか、tripwireによるファイル改ざん検出機能が用意されている。OSにLinuxを搭載しているが、オプションでWindowsを使用することもできる。

 is-2はCD/DVD再生機能と無線LANアクセスポイント機能を装備。最上位機種のis-3では無線LANアクセスポイントとして利用できるほか、ハードディスク録画した映像をDVDに保存することもできる。

 販売はまずis-1およびis-2からスタートし、7月22日よりネット経由でのBTO販売、9月1日より大手量販店での展示販売が予定されている。価格はオープンプライス。記録型DVDに対応したis-3の発売日は現在のところ未定。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top