ソニーマーケティング、遠隔地のモニタリングが可能な68万画素ネットワークカメラ「SNC-RZ30N」、8月21日218,000円で発売 | RBB TODAY

ソニーマーケティング、遠隔地のモニタリングが可能な68万画素ネットワークカメラ「SNC-RZ30N」、8月21日218,000円で発売

IT・デジタル その他

ソニーマーケティング、遠隔地のモニタリングが可能な68万画素ネットワークカメラ「SNC-RZ30N」、8月21日218,000円で発売
  • ソニーマーケティング、遠隔地のモニタリングが可能な68万画素ネットワークカメラ「SNC-RZ30N」、8月21日218,000円で発売
 ソニーマーケティングは遠隔地のモニタリングが可能な68万画素(有効画素数63万画素)ネットワークカメラ「SNC-RZ30N」を発売する。発売開始は8月21日で、希望小売価格は218,000円となっている。

 SNC-RZ30Nは、パソコンやネットワークアダプタを介さずに直接ネットワークに接続でき、配線工事などの必要がなくネットワーク設定だけで映像の確認ができる。また、汎用ブラウザからの遠隔操作により、カメラのヘッドの上下左右角度調整・ズームが可能となっており、人の立ち入りが難しい場所の監視にも利用できる。回転角度は水平方向に340度、上下方向に115度まで調整可能、レンズには25倍光学ズームレンズが採用されており、最大50ユーザの同時アクセスが可能となっている。

SNC-RZ30N
ネットワークカメラ「SNC-RZ30N」(天吊り)


 このほかの特徴としては、帯域幅に合わせた10段階の圧縮率設定、動き優先・画質優先モード選択、カメラ位置・動作の16か所プリセットが可能で、暗いところではIRカットフィルタをはずして感度を上げるNigthモードも用意されておりDay/Nightモード自動切換えも可能だ。静止画像ストレージ用にはTypeII PCカードスロットが装備されており、ATAメモリカードの利用も可能になっている。

■主な仕様
 映像素子:1/6型CCD(Super HAD CCD)
 画素数:総画素数約68万画素、有効画素数約63万画素
 圧縮方式:JPEG
 レンズ:25倍光学ズームレンズ
 フレームレート:最大30fps(640×480ピクセル)
 同時アクセス数:50ユーザまで
 ビューワ:IE5.5/6.0
 ネットワーク:RJ-45(10Base-T/100Base-TX)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top