今度は無線LANのAP用。ソースネクストからAPのセキュリティレベルを高める鉄壁 無線LAN | RBB TODAY

今度は無線LANのAP用。ソースネクストからAPのセキュリティレベルを高める鉄壁 無線LAN

ブロードバンド その他

 ソースネクストの新製品は、無線LANのセキュリティレベルを高める鉄壁 無線LANだ。無線でアクセスを確立する無線LANだからこそ、簡単な設定でセットアップできなければ、セキュリティホールを造りかねない。そんなややこしい設定を鉄壁 ADSLなら簡単に設定できる。

 機能としては、無線LANのAPに対して、WEPの設定、MACアドレスによるアクセス制限、APの隠蔽という3つの機能を提供する。いずれも、ごく普通にAPでは設定できるものがほとんどだが、鉄壁 無線LANは簡単に設定ができることと、さまざまAPに対応していることが特徴となる。

 なお対応する無線LANのAPは、以下の機種となる。

■メルコ
 WLA-S11G、WLAR-L11G-L、WLA-L11G、WLAR-128G(ISDN)、WLAR-128G(Broadband)、WLAR-L11-S
■アイ・オー・データ機器
 WN-B11/BBRH、WN-B11/BBR、 WN-A54/BBR
■NEC
 PA-WBR75H、PA-WDR85FH/CE、PA-WDR85H/GS
■コレガ
 CG-WLAPRS11、CG-WLAPR11、CG-WLAPL11
■プラネックス
 BLW-03FA、BLW-03
■NTT-ME
 MN7530
■京セラ
 KY-BR-WL100

 価格は6,980円。8月2日より発売となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top