となみ衛星通信、8月よりウィルスチェックサービス開始。10月末までは初期費用が無料 | RBB TODAY

となみ衛星通信、8月よりウィルスチェックサービス開始。10月末までは初期費用が無料

ブロードバンド その他

 となみ衛星通信テレビ(富山県・CATV)は、8月1日よりウィルスチェックサービスを開始する。初期登録料が1,000円、月額利用料が200円のオプションとして提供される。なお、10月末までは初期登録料が無料となる。

 同社の提供するウィルスチェックサービスは、TSTnetのメールサーバでメールの添付ファイルがウィルスに感染していないかどうかをチェックするというもの。感染ファイルが見つかった場合には、その添付ファイルは削除される。ウィルスの検索エンジンには、トレンドマイクロの「InterScan VirusWall」が利用される。

 なお、現在このサービスはWindowsのみに対応しており(XP/Me/2000/98/95)、Macintoshには対応していない。そのため、Macユーザは利用することができない。また、このサービスはオプションなので、申し込んだ分のメールアカウントだけに有効となる。もし、追加しているようならば、すべてのメールアカウントに対してサービスを適用しておいたほうがよいだろう。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top