九州通信ネットワーク、電力系としては初めてIP電話試験サービスを提供。同時にADSLサービスも開始 | RBB TODAY

九州通信ネットワーク、電力系としては初めてIP電話試験サービスを提供。同時にADSLサービスも開始

ブロードバンド その他

 九州通信ネットワークは、あらたにNTT西日本のフレッツ・ADSL回線を利用した「ADSLプラン」とIP電話試験サービスを開始すると発表した。

 ADSLプランは、九州電話インターネットのメニューの1つとして追加されるもので、基本サービスとしてメールアカウント5個、ダイアルアップ接続、20Mバイトのホームページが利用できる。アクセスラインにフレッツ・ADSLを利用するので、提供する速度は下り最大8Mbpsもしくは1.5Mbpsのどちらかを選択できるが、利用料はどちらも同額の1,500円となる。また、九州電話マイラインプラス3区分(市内・県内市外・県外)に登録すると、月額料金が980円になる割引価格が適用される。オプションには、「メールアカウントの追加」「メールボックス容量」「ホームページ容量の追加」などのラインナップが用意されている。サービス開始は7月26日より。

ADSLプラン
 アクセスライン:フレッツ・ADSL
 速度:下り最大8Mbps、1.5Mbps
 初期費用:1,000円
 利用料:1,500円(1.5M/8Mとも同額)
 九州電話マイラインプラス割引料金:980円

 また、同社はFTTHサービス「BBIQ」ユーザをモニタとするIP電話試験サービス「BBIQフォン」を実施する。BBIQフォンはBBIQ回線を利用して、モニタ同士や一般公衆網への通話が可能となるIP電話サービス。なお、公衆網からの着信には、公衆網サイドの対応後となる。サービスエリアはBBIQ提供エリア内。試験期間は8月1日〜12月20日。月額基本料およびBBIQフォンモニタ間の通話は無料。一般公衆網への通話は、九州域内では8円/3分、九州域外で60kmまでは15円/3分、60km以上は30円/3分。

■モニタ募集要項
 募集人員:450名
 募集期間:7月19日〜10月31日
 モニタ条件:BBIQ加入者
 申し込み方法:BBIQとBBIQフォンの同時申込は7月19日開始
        BBIQ利用者・本申込済は8月1日開始
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top