帯広シティケーブル、この冬から帯広市街でFTTHサービスを開始。幹線網のHFC化も | RBB TODAY

帯広シティケーブル、この冬から帯広市街でFTTHサービスを開始。幹線網のHFC化も

ブロードバンド その他

 帯広シティケーブルは、これまで提供していたCATVインターネット接続に加え、2002年12月からあらたにFTTHサービスを開始すると発表した。当初提供エリアは中心街と西地区の一部で、帯広市街地全域のFTTH網が完成するのは2003年11月の予定。世帯カバー数は7万世帯で、都市型CATV局による自社FTTHサービスは日本で初めてだという。

 FTTHでは、100Mbpsのインターネット接続サービスや100Mbps専用線サービスなどが提供される予定で、料金等は実験サービス期間中(2002年12月〜2003年3月末)に決定される。

 あわせて、現在のCATVサービスの幹線部分についても、これまでの同軸ケーブルから光ファイバへの張り替え工事を実施する予定。

 ケーブルテレビ事業者のADSLサービスはこれまでもいくつかの事業者でおこなわれていたが、FTTHサービスへの参入を正式に発表したのはこの帯広シティケーブルが初めて。今後各地の事業者が、電柱に既設配線を持つというメリットを活かして同様の動きに出てくる可能性は高そうだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top