ブロードバンド普及の陰でナローユーザが激減−Yahoo! JAPAN 第11回ユーザアンケート結果より | RBB TODAY

ブロードバンド普及の陰でナローユーザが激減−Yahoo! JAPAN 第11回ユーザアンケート結果より

ブロードバンド その他

 ヤフーは、本年4月に「Yahoo! JAPAN」上でビジターを対象に実施した「第11回ウェッブ・ユーザー・アンケート」の結果をこのほど公表した。42,700件の有効回答が寄せられた今回のアンケートでは、昨年9月〜10月の前回アンケート実施時からわずか半年の間ではあるが、いくつかの項目で明らかな変化が見られた。

 中でも「自宅アクセスラインの通信速度」に関する質問では、64kbps以上の回線を利用していると答えたユーザが72%に達し、前回調査時の47%から大きく割合を増やしている。中でも「1.5Mbps以上のブロードバンド回線」利用者の伸びは顕著で、前回の22%から45%へとほぼ倍増したことになる。

 その一方で56kbps以下のナロードバンドは、ブロードバンドの進展にシンクロする形で急激にユーザを減らしており、今回の調査では10%と前回より13ポイントもシェアが低下している。

 また「自宅アクセスラインの種別」に関しては、ADSL合計(*1)が46%でトップ、以下2位がISDN合計(*2)の19%、3位がCATVインターネットの15%と続いている。一部例外はあるものの、上位を占めたのはいずれもブロードバンドに属する回線種別であり、上記の「通信速度」に関する結果を裏付けるものとなっている。

 その他今回のアンケートからは、回答者に占める男性ユーザの割合に増加し男女比が71:29となったこと(前回は61:39)、またアクセスする場所に多様化の兆候が見られ、「職場」「モバイル」からの利用も増えてきていることなどが明らかになった。

(*1)「Yahoo!BB」「Yahoo!BB以外のADSL接続(1.5Mbps)」「Yahoo!BB以外のADSL接続(8Mbps)」の合計
(*2)「ISDN回線でのダイヤルアップ接続」「ISDN回線を使う定額接続サービス」の合計
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top