オムロン、SPI対応ファイアウォール搭載のADSLモデム内蔵ルータを発表 | RBB TODAY

オムロン、SPI対応ファイアウォール搭載のADSLモデム内蔵ルータを発表

IT・デジタル その他

オムロン、SPI対応ファイアウォール搭載のADSLモデム内蔵ルータを発表
  • オムロン、SPI対応ファイアウォール搭載のADSLモデム内蔵ルータを発表
 オムロンは、ADSLモデム内蔵のブロードバンドルータ「MA800R」を7月27日より発売する。事業者から標準で提供されているルータタイプADSLモデムよりも強力なファイアウォール機能を搭載しているのが特徴だ。

 ステートフルパケットインスペクション(SPI)対応ファイアウォール機能を搭載しているのが特徴で、サービス拒否(DoS)攻撃の検出も可能となっている。ステルスモードの設定や、電子メールによる警告通知などもおこなえる。

 ADSLモデムはG.dmt AnnexC(8Mサービス)とG.lite AnnexC(1.5Mサービス)の両対応で、イー・アクセスの認定を受けているほか、NTT東西のフレッツ・ADSLについてもオムロンが動作を確認しているという。PPPoA、PPPoEおよびブリッジでの接続が可能。LAN側は100/10BASE-TX対応スイッチングハブで4ポート、DMZホスト機能や仮想サーバによってLAN上のサーバをインターネット側に公開することができる。VPNパススルー(IPsec、PPTP)もサポートする。なお、UPnP対応によるWindowsMessengerのサポートは、2002年8月リリース予定のファームウェアで行われる予定となっている。

 価格はオープンプライス。

オムロン VIAGGIO MA800R
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top