U-netSURF、都内でMフレッツ(NTT東)対応サービスを試験提供へ | RBB TODAY

U-netSURF、都内でMフレッツ(NTT東)対応サービスを試験提供へ

ブロードバンド その他

 U-netSURF(日本ユニシス情報システム運営)は、NTT東日本の「Mフレッツ」に対応した試験サービスを開始した。試験サービス期間は7月1日より約5ヶ月程度。利用料は無料。サービスエリアは、町田市・稲城市の一部エリアを除いた東京都全域。

 Mフレッツとは、NTT東日本が提供する公衆無線インターネット接続サービスのこと。U-netSURFで利用するには、フレッツ対応専用コース(SpaceSURF(フレッツ・ADSL)、SpaceSURF(フレッツ・ISDN)、SpaceSURF(Bフレッツベーシック)、SpaceSURF(Bフレッツファミリー)、SpaceSURF(Bフレッツマンション))もしくはDolphieSURF、FamilySURF-L、FamilySURF、TwinSURF、LadiesSURF、StudentSURF、SilverSURF、DreamSURFのダイアルアップコースのいずれかのコースを利用していることが条件となる。

 なお、試験サービス終了以降の予定については継続するかどうかやサービス内容を含めてすべて未定だという。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top