通総研、成層圏プラットフォームによる通信中継実験を実施 | RBB TODAY

通総研、成層圏プラットフォームによる通信中継実験を実施

ブロードバンド その他

通総研、成層圏プラットフォームによる通信中継実験を実施
  • 通総研、成層圏プラットフォームによる通信中継実験を実施
  • 通総研、成層圏プラットフォームによる通信中継実験を実施
 通信総合研究所は、成層圏プラットフォームを使ったIMT-2000(次世代携帯電話)やデジタルハイビジョン中継の公開実験を7月18日に実施する。ハワイの米海軍基地でおこなわれるもので、IMT-2000については、市販の端末を使用して通話や映像、インターネット接続などをおこなう予定。

 上空20kmあたりに浮かべた成層圏プラットフォームによる通信の中継は、衛星を使うものより電波出力が小さくて済むメリットがあり、設置コストも静止衛星より低くなると期待される。

 実験には、NASAなどが開発した全翼タイプの無人ソーラープレーン「パスファインダープラス」を使用。成層圏プラットフォームとしては、今回の無人ソーラープレーンのほか、飛行船などが想定されている。

パスファインダープラス
パスファインダープラス
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top