滋賀ケーブル、7月上旬より無料モニタによるIP電話実験を開始。モニタ募集は30日まで | RBB TODAY

滋賀ケーブル、7月上旬より無料モニタによるIP電話実験を開始。モニタ募集は30日まで

ブロードバンド その他

 滋賀ケーブルネットワークは、IP電話実用化に向けて7月上旬よりモニタ実験を開始する。実験開始に先立ち、同社では無料モニタを、2世帯1組として10組募集している。

 今回のIP電話実験は同社のインターネット接続サービスの網内、つまりSCN加入者間だけの通話となり、他のCATV事業者への加入者や一般電話では利用できない。他の事業者や一般電話への接続は、順次拡大する予定でいるという。IP電話に必要なアダプタは同社より貸し出される。なお、SCN網内での実験のため、モニタ募集では2世帯1組として受け付けている。

 IP電話とは、インターネット回線を利用する電話サービスのこと。近畿地方では、3月に同社を含め14のCATV事業者が広域IP電話サービスを事業化することで研究会を発足させている。

■モニタ募集要項
 募集期間:6月30日まで
 実験期間:7月上旬より(終了は未定)
 利用できるコース:ライトコースまたは標準コース
 募集世帯数:10組20世帯(2世帯1組)
 利用料:無料
 選定方法:抽選
 条件:2世帯1組。電話機などの機器を準備でき、機器の設置・接続ができること
 申し込み方法:同社Webサイト
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top