福岡市でレーザー光通信と無線LANをくみあわせた「ワイヤレスMAN」実験 | RBB TODAY

福岡市でレーザー光通信と無線LANをくみあわせた「ワイヤレスMAN」実験

ブロードバンド その他

福岡市でレーザー光通信と無線LANをくみあわせた「ワイヤレスMAN」実験
  • 福岡市でレーザー光通信と無線LANをくみあわせた「ワイヤレスMAN」実験
 福岡市はアリスネットなどと共同で「W-MAN(ワイヤレス・メトロポリタン・エリア・ネットワーク)」の構築実験を実施する。実験は日韓共同で、日本では福岡市早良区の百道(ももち)地区と西新地区、韓国ではソウル市ヨイド地区で実施される。

 実験エリア内に設置された無線LANスポットの間をレーザー通信で接続するというもので、光ファイバの敷設が困難な地域でも簡単にブロードバンドインフラを導入できるというもの。福岡市内の実験では、東西約2km・南北約1.5kmの広範囲をカバーするため、エリア内の約20のビル屋上に、光レーザー通信システムのアクセスポイントを設置する。このレーザー光通信システムは韓国エアロコム社の開発したもので、韓国国防部も正式採用しているという。

Aerocom ALS 光レーザー通信システム


 実験では、無線インターネット接続に加え、VoIPや動画配信なども予定されている。実験期間は2002年8月から2002年末までの予定。

 福岡県は光ファイバによる高速インフラ網として「福岡ギガビットハイウェイ(FGH)」を構築しており、今回の実験でもW-MANはFGHを利用する予定。県では、県内地域インフラ整備や、全国自治体のラストワンマイルソリューションのモデルケースとなるものと期待している。

 今回の実験に参加する企業および団体は以下の通り。

・福岡市
・株式会社アリスネット
・ニシム電子工業株式会社
・ファイネストコミュニケーションズ株式会社
・福岡コミュニティ放送株式会社
・SsangYong情報通信株式会社
・株式会社YDC
・Aerocom Inc.

 なお、コンソーシアム設立に向け、さらに広く企業・団体に参加を呼びかけるとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top