Apacheウェブサーバのセキュリティホール対策済みバージョンがリリース。1.3系列、2.0系列とも | RBB TODAY

Apacheウェブサーバのセキュリティホール対策済みバージョンがリリース。1.3系列、2.0系列とも

エンタープライズ その他

 Apache Software Foundationは、先日公表されていたチャンク転送エンコードの脆弱性について、修正を行ったバージョンの配布を開始した。現在の最新バージョンは、1.3.26および2.0.39。

 このチャンク転送エンコードの脆弱性は、サービス拒否(DoS)攻撃や、バッファオーバーフローによる任意のコードの実行が可能というもので、この脆弱性の修正以外にも多数のバグ修正がおこなわれている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top