NEC、Webブラウザでインタラクティブに3D画像を表示できる画像制作サービス「BIGLOBE Web3D」の販売を開始 | RBB TODAY

NEC、Webブラウザでインタラクティブに3D画像を表示できる画像制作サービス「BIGLOBE Web3D」の販売を開始

ブロードバンド その他

NEC、Webブラウザでインタラクティブに3D画像を表示できる画像制作サービス「BIGLOBE Web3D」の販売を開始
  • NEC、Webブラウザでインタラクティブに3D画像を表示できる画像制作サービス「BIGLOBE Web3D」の販売を開始
 NECソリューションズは、Webブラウザでプラグインなしに3D画像を表示できる画像制作サービス「BIGLOBE Web3D」の販売を開始すると発表した。ヤッパ社の3D画像技術を採用しており、画像データの圧縮率が高いのが特徴という。

 ビューアはJavaアプレットとして動作するため、閲覧するユーザが特別なプラグインを追加しなくてもよい。マウス操作によって画面上の3D映像を回転させたり移動させたりできるほか、あらかじめ用意しておいた変形などアニメーション表示させることができる。

 BIGLOBE Web3Dは、3D画像制作の他、EC/CRMなどへの組み込みやCADデータなどとの連携、マニュアルやeラーニングへの活用などと組み合わせたソリューションとしての展開もはかるとしている。価格は個別見積もりで、1年で200ユーザへの販売を見込む。

サンプルデータのひとつ「自転車」は折りたたみ動作をアニメーション表示させたりできる
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top