アイピートーク、6月14日よりインターネット電話サービスの商用提供開始。個人なら月980円でかけ放題 | RBB TODAY

アイピートーク、6月14日よりインターネット電話サービスの商用提供開始。個人なら月980円でかけ放題

ブロードバンド その他

 アイピートークは6月14日より、インターネット回線を利用したIP電話サービス「IP Talkインターネット電話サービス(IP Talk)」の商用サービスを開始する。IP Talkには、個人向けおよび事業者向けのサービスメニューが用意されているが、個人ユーザならば月額980円の基本料金のみでIP Talk加入者間の電話がかけ放題となる。

 IP Talkは、「IP Talkアダプタ」と呼ばれる専用のVoIPゲートウェイ端末を利用するタイプのIP電話サービスだ。端末を設置し、ユーザ自身のNTT加入電話番号とIPアドレス環境を設定すれば、あとは端末が初回の通話時に相手側の環境を自動認識し、相手がIP Talk加入者の場合には次回の通話からインターネット経由の無料通話となる。

 なお、IP Talkは、利用する条件としてADSL・CATV・FTTH等のブロードバンド回線のほか、アナログ電話機とNTTのアナログ電話回線を必要とする。ただしDHCP/NATに対応しているため、グローバル/プライベートや固定/変動といったIPアドレスの利用状況に左右されることはない。つまり、ブロードバンド環境ならば誰でも利用できるインターネット電話サービスといえる。

 個人向けのサービス内容の詳細は以下のとおり。

■IP Talk 個人向けレンタルプラン
 加入事務手数料:3,980円
 工事費:5,800円(標準)
 月額利用料:980円(IP Talkアダプタレンタル費用含む)

 アイピートークは、三菱電機とミヨシ電子が共同で設立したインターネット電話サービス提供事業者である。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top