NTT Com、5GHz帯を利用した屋外無線LAN実験局の免許申請へ。802.11aの屋外サービス提供をにらんで | RBB TODAY

NTT Com、5GHz帯を利用した屋外無線LAN実験局の免許申請へ。802.11aの屋外サービス提供をにらんで

ブロードバンド その他

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、総務省に対して5GHz帯の無線を利用した屋外無線LAN実験局の免許を申請したと発表した。

 それによれば、同社が使用を予定している電波の周波数は5.030〜5.091GHzで、東京都内の一部を対象にIEEE802.11a方式を利用した屋外での無線LAN実証実験を計画している。同社は、「ホットスポット」サービスで屋内用IEEE802.11a/b両対応アクセスポイントの採用をアナウンスしており、今回の申請の結果によっては、屋内外での5GHz帯を利用した無線ブロードバンドサービス提供の可能性も出てきた。

 なお5GHz帯の電波利用に関しては、現在電波監理審議会に諮問されている最中で、この5,030MHz〜5,091MHzは、2007年までの期限付きで屋外の無線アクセスに割り当てられる予定の帯域。NTTコムの申請内容は諮問中の改正内容に沿ったものということになる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top