トレンドマイクロ、2002年5月のウイルス感染レポートを発表。上位3種に変動なし。KLEZの猛威際だつ | RBB TODAY

トレンドマイクロ、2002年5月のウイルス感染レポートを発表。上位3種に変動なし。KLEZの猛威際だつ

エンタープライズ その他

 トレンドマイクロは、2002年5月度のウイルス感染被害レポートを公表した。それによると、もっとも被害および発見件数が多かったのはWORM_KLEZ(クレズ)の4455件で、前月の2倍近い数字になっている。いかにKLEZが感染を広めているかがわかる数字だ。

 今月、あらたにランキングに登場したのがVBS_REDLOF.Aで、IEのセキュリティホールを使ってWindowsのシステムファイルを破壊するというもの。報告数は少ないが、要注意である。

 全体として、VBS_REDLOF.A以外は先月と同様のウイルスが並んでいるが、やはりKLEZの被害・発見件数の多さが際だっている。KLEZは、今年2月にランキングに復活して以来、爆発的な増加が続いているが、トレンドマイクロによれば、5月末になって報告が減り始めているという。3ヶ月以上にわたって続いた感染拡大も、ようやく収束に向かいそうだ。

 トレンドマイクロ発表の2002年5月度のウイルス被害ランキングは以下のとおり。

順位 ウイルス名 被害件数 先月の順位と件数
1位→ WORM_KLEZ 4455件 (1位・2240件)
2位→ WORM_BADTRANS.B 252件 (2位・483件)
3位→ JS_EXCEPTION.GEN 165件 (3位・221件)
4位↑ MTX 87件 (5位・62件)
5位↓ NIMDA 68件 (4位・66件)
6位↑ PE_ELKERN.D 62件 (圏外)
7位↑ PE_FUNLOVE 29件 (9位・17件)
8位↓ X97M_LAROUX 22件 (7位・24件)
9位↑ VBS_REDLOF.A 17件 (初登場)
10位↓ PE_MAGISTR 14件 (6位・43件)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top