スピードネット、無線アクセスサービスが1万加入を突破 | RBB TODAY

スピードネット、無線アクセスサービスが1万加入を突破

ブロードバンド その他

 スピードネットは、2.4GHz帯の無線を使用したインターネット接続「無線アクセスサービス」の加入者が1万件を超えたと発表した。2001年5月、さいたま市でサービスインしてから1年あまりで1万件を突破したことになる。

 同社の無線アクセスサービスは、電柱に設置した無線基地局を使用して、各家庭へアクセスを提供するというサービスで、通信速度は上り下りとも最大1.5Mbps。提供エリアは、埼玉県、東京都、神奈川県のそれぞれ一部。

 スピードネットによれば、現在も週1,000件以上という高いペースで申し込みが寄せられているとのことで、ようやくFWA(固定無線アクセス)もアクセス手段として認知されてきたといえるだろう。現在のところ、FWAについてはDSLやCATVのような公開された公的な加入者数等の統計がないため、全体の把握は難しいが、2.4GHzのFWAは導入しやすいため、今後も拡大は続くものと思われる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top