NTT東西、2001年度末の電話サービスの加入数を公表。ADSL効果でアナログからISDNへのシフト止まる? | RBB TODAY

NTT東西、2001年度末の電話サービスの加入数を公表。ADSL効果でアナログからISDNへのシフト止まる?

ブロードバンド その他

 NTT東日本およびNTT西日本は、2001年度末の加入電話・ISDN契約数を発表した。2001年度の1年間で、アナログの加入電話は135万回線減少、ISDNは32万回線増加となっている(東西合計)。

 数字としてはアナログ回線の退潮のように見えるが、NTT東西とも前年まで続いていたISDNの伸びが鈍り、その一方で、減少の一途だったアナログ回線が減少幅を縮めている。インターネット接続がISDNからADSLへシフトしつつあることを示すものといえそうだ。

99年度末 00年度末 01年度末
アナログ 5,445万
(▲303万)
5,209万
(▲336万)
5,074万
(▲135万
ISDN 742万
(+229万)
1,083万
(+341万)
1,115万
+32万
アナログ+ISDN 6,286万
(▲4万)
6,292万
(+5万)
6,189万
(▲103万)

(3年間の契約数の推移:東西合計)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top