エレコム、プリントサーバを標準搭載したUPnP対応ルータ「LD-BBR4L2」を発表。定価8,800円で6月下旬より販売。 | RBB TODAY

エレコム、プリントサーバを標準搭載したUPnP対応ルータ「LD-BBR4L2」を発表。定価8,800円で6月下旬より販売。

IT・デジタル その他

 エレコムは、UPnPに対応したブロードバンドルータ「LD-BBR4L2」を、定価8,800円で発売すると発表した。発売時期は6月上旬。リーズナブルな価格の多機能ルータとなっている。

 UPnP(ユニバーサル プラグアンドプレイ)は、WindowsMessengerなどを使用する際に必要な機能で、これまでの各社製品ではファームウェアのバージョンアップで対応させるのが一般的であったが、LD-BBR4L2では出荷時点で対応済みとなっていて手間がかからない。

 LD-BBR4L2はこのほか、プリントサーバ機能を有し、パラレルポート接続タイプのプリンタをネットワークで共有できる。WAN側イーサネットポートは100/10BASE-T(自動認識)が1ポート、LAN側は100/10BASE-T(自動認識)が4ポートとなっている。実効スループットは11.7Mbpsで、ADSLやCATV回線では十分な性能となっている。

 廉価でありながら、ユーザニーズにも応えており、ルータの導入、買い替えを考慮しているブロードバンドユーザの注目を早くも集めそうな予感だ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top