@NetHome、送受信メールに対するウィルスチェックサービスをスタート。J-COM局では標準サービスとして提供 | RBB TODAY

@NetHome、送受信メールに対するウィルスチェックサービスをスタート。J-COM局では標準サービスとして提供

エンタープライズ その他

 アットホームジャパンは、@NetHomeサービスのユーザ(J-COM局および提携CATV局)を対象に、メールウイルスの検出と駆除をおこなう「ウイルスチェックサービス」の提供を開始する。トライアルでの提供は6月17日から。

 J-COM局については8月1日より本格提供の予定で、標準サービスに含まれる形で提供される。また、江戸川・横浜・すこう(須高)・マイネットの各CATV局については本提供は9月1日で、有料オプションサービスでの提供となる。

 ウイルス検出エンジンにはシマンテックのNorton AntiVirusのシステムが採用されており、チェック対象となるのは、利用者宛の受信メールと、利用者から送信されるメールの両方。

(※ アットホームジャパンは6月1日付けでアットネットホームに社名変更される)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top