MORRICH、2002 FIFA World Cup開催期間限定で公式テーマ・ソング“BOOM”ほかのビデオクリップを有料配信。Sony Music Online JapanのW杯ジャックも | RBB TODAY

MORRICH、2002 FIFA World Cup開催期間限定で公式テーマ・ソング“BOOM”ほかのビデオクリップを有料配信。Sony Music Online JapanのW杯ジャックも

エンタメ その他

fifa-anastacia
(C) 2002 Sony Music Entertainment (Japan) Inc.
 ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は、ブロードバンド専用サイト「MORRICH」の有料映像コンテンツ配信サービス「MORRICH CLUB」において、2002 FIFA World Cup公式テーマ・ソングをはじめW杯関連曲のビデオクリップを6月1日より決勝戦開催の30日までの期間、有料配信する。視聴料は1コンテンツ300円で、1週間見放題となる。

 配信されるのは、マイケル・ジャクソンも一押しの話題の新人アナスタシアによる2002 FIFA World Cup公式テーマ・ソング「BOOM」、サッカー界のトップ・プレイヤー総勢45名が参加した「ラヴ・ユナイテッド」、アルフレド・カセーロが歌うアルゼンチン代表公式応援ソング「SHIMAUTA」の3曲。いずれも視聴には、Windows Media Playerおよび520kbps以上の回線速度が必要となる。

 さらにSMEは、W杯開催に合わせ5月31日0時から6月1日正午までSony Music Online JapanがFIFAワールドカップジャックになることを明らかにした。このほかにも同社は、bitmusicにおいても6月30日までの期間限定サイト「Kick Off! KOREA/JAPAN」で2002 FIFA World Cup公式アルバム収録曲や、サッカー・韓国関連楽曲のダウンロードサービスを行うなど、W杯関連企画が目白押しとなっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top