NTT-MEがWebカメラ用の固定IPアドレスサービス。集合住宅向けサービスで月額950円 | RBB TODAY

NTT-MEがWebカメラ用の固定IPアドレスサービス。集合住宅向けサービスで月額950円

ブロードバンド その他

 NTT-MEは、同社集合向けサービスメニューの中に、Webカメラ用の固定IPアドレスを割り振るサービスを加える。「WAKWAKピアルWEBカメラサービス」はWEBカメラ専用のサービス。部屋の状態を可動式WEBカメラを使って携帯電話やPC経由で状況確認ができるもの。

 NTT-MEは、動作するアクセスラインとして集合住宅に向けたインターネットアクセスサービスとして提供しているWAKWAKピアル、もしくはWAKWAKピアル(BB-EAST)の利用を前提としている。サービス内容は、WEBカメラ設置用途で固定IPアドレスを1つ割り振り、さらにアクセス用のURLとして、camera.pial.jpのドメイン名を使った任意のホスト名を割りふる。WEBカメラサービスの利用者は、登録した文字列.camera.pial.jpにアクセスすることで、携帯電話やPCから家の中の状態を確認できるようになる。WEBカメラ以外のサービスを提供しないことで、利用料金を月額950円と押さえられていることが最大の特徴ともいえる。

 なお、カメラは利用者が準備する。現在WEBカメラサービスに対応するカメラとして、パナソニックKX-HCM1、KX-HCM2、KX-HCM130、KX-HCM170がある。KX-HCM1とHCM-2は現在のところPCからのアクセスのみであくが、今後携帯電話からもアクセスできるようになるため、NTT-MEが推奨する機器は、いずれもPC、携帯電話共に利用できるものとなる。

 サービス開始は6月3日より。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top