NTT東、無線LANアクセスサービス「Mフレッツ」の試験提供を開始。まずは東京と北海道で | RBB TODAY

NTT東、無線LANアクセスサービス「Mフレッツ」の試験提供を開始。まずは東京と北海道で

ブロードバンド その他

 NTT東日本は、IEEE802.11bベースのポータブル無線LANアクセスサービス「Mフレッツ」の試験提供を、6月6日より開始すると発表した。先日開催されたビジネスシヨウで参考展示されていたサービスがいよいよ商品化されることになった。サービスメニューは、アクセススポットを利用する「Mフレッツメイト」とアクセススポットを提供するための「Mフレッツホスト」の2つで、6月6日時点の提供エリアは、東京および北海道。

 Mフレッツは、各所に設置される「Mフレッツホスト」から地域IP網に接続してインターネット接続などを利用できるアクセスサービスで、認証にIEEE802.1xを採用しているため、セキュアな通信が可能なのが特徴。他のフレッツサービスと同様、NTT東はアクセスのみを提供し、インターネット接続はユーザが契約しているISPを経由しておこなわれることになる。

 Mフレッツメイトは、Bフレッツ/フレッツ・ADSL/フレッツ・ISDNを利用しているユーザ向けのオプションサービスとして契約するかたちで、オプション料金は月額200円。

 Mフレッツホストは、無線LANスポットサービスを提供したい店や企業などが契約するメニューで、喫茶店などがサービスの一環として提供するなどの利用が想定されている。また、「グループ認証」機能を使用して、特定のMフレッツメイトユーザのみにアクセスポイントを提供することもできる。Mフレッツホストを設置する場合、上位接続としてBフレッツもしくはフレッツ・ADSLを使用し、無線LANアクセスポイントはIEEE802.1x対応の機器を用意する必要がある。基本額は月額700円。これに、同時利用人数に応じて一人あたり200円が加算される。グループ認証の利用は、100円/月(10ID)〜800円/月(100ID)のオプション料金となる。

 これまで、固定はNTT地域会社、移動体はドコモという「役割分担」があったが、Mフレッツのサービスが本格的にスタートすれば、この分担にも少なからざる影響がありそうだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top