JR東日本、駅構内の無線インターネット実験で「一時利用サービス」提供駅を拡大 | RBB TODAY

JR東日本、駅構内の無線インターネット実験で「一時利用サービス」提供駅を拡大

ブロードバンド その他

 JR東日本は、現在実施中の駅構内における無線LANインターネット接続実験で、あらたに新宿駅・渋谷駅・品川駅・横浜駅でも「一時利用サービス」を提供する。これまで一時利用サービスを提供していた東京駅、上野駅とあわせ、6つの駅で利用可能となる。

 一時利用サービスは、一時的に利用可能なIDを現地で発行してもらうというサービスで、実験に参加しているISPを利用していないユーザでも無線LANインターネット接続が利用できるというもの。一時利用のIDは、1時間程度有効。

 IDの発行は、以下の窓口で受け付けている。

東京駅:メディアコート
上野駅:Break
新宿駅:東口改札内インフォメーションセンター
渋谷駅:南改札外インフォメーションセンター
品川駅:中央口改札内インフォメーションセンター
横浜駅:北口または南口改札内インフォメーションセンター
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top