[E3速報(24日)]PCオンラインゲームのリーダーは韓国とマイクロソフト | RBB TODAY

[E3速報(24日)]PCオンラインゲームのリーダーは韓国とマイクロソフト

エンタメ その他

 2002年5月21日から24日(米国時間)にわたり、米ロサンゼルス・コンベンションセンターにて世界最大のゲーム関連テクノロジーのトレード・ショウ「Electronic Entertainment Expo(E3)2002」が開催された。

 3日間にわたって速報をお届けするが、最終日はメジャー企業以外にも目を向け、韓国発のPCオンラインゲーム、そしてサードパーティから続々と発表されているアクセサリやニューデバイスをご紹介したい。

 オンラインゲームで先手を行くのはやはりPCゲームだ。先日もいくつかご紹介したが、大きな成功を収めている韓国を筆頭に、UKやフランスなどの欧州からも精力的な出展が目立つ。マイクロソフトも巨大な専用ブースでPCオンラインゲームの貫禄を見せつける。ゲームの内容はおおむねシュミレーション系とロールプレイング系に大別でき、チャット機能付きはもはや当たり前というのが主流だ。

・Microsoft Games & Studios
 製品名:Asheron's CAll2

Microsoft Xboxブースの隣に、Microsoft Games & StudiosはPCゲーム用の巨大なブースを展開し、10本近くものオンラインPCタイトルを紹介していた。「Asheron's CAll2」はキャラクタの衣装や背景の時間帯の設定など、繊細なディテールがハイクオリティで楽しめる。こういったPCゲームの面白いところはテキストコマンドを打ち込むことで敵キャラを登場させたり、キャラクタのレベルを自由にカスタマイズできるところだ。2002年冬に発売予定。

・Gravity
 製品名:Ragnarok Online

Gravity サムソン電子系のGravityはSouthブースにゲームの世界観を模した大きなブースを展開していた。「Ragnarok Online」は2001年末よりサービスを開始している人気のロールプレイングゲーム。韓国で有名なアニメ作家というLee Myoungによるキャラクタデザインで、韓国では190万人のユーザ、日本語版では50万人のユーザを抱える。6つの街で構成され、その中でキャラクタ設定を自由にカスタマイズできる。バトルモードのほか、メッセンジャー機能を使って他のユーザとチャットできる。画面上に趣向を凝らしたキャラクタ達が集まって協力しながら敵を倒すところはゲームとはいえ壮観だ。

・Wanadoo
 製品名:Kohan:Battles of Ahriman

 Wanadooは、フランスのゲームソフト会社。今年6月に発売予定の「Kohan:Battles of Ahriman」は、ファンタジーロールプレイング。バトルモードのほか、土地や兵隊の売買で総合的に自分の勢力をストラテジックに広げていくゲームだ。もちろん他ユーザとのコミュニケーションも可能。アートに強いフランス?というわけではないだろうが中世風のグラフィックがダントツに美しい。面白いのは白地図に自分で好きなマップを作り込むことができるところ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top