シトリックスとDDIポケット、MetaFrameとAirH”を組み合わせたワイヤレスシンクライアントの推進で協業 | RBB TODAY

シトリックスとDDIポケット、MetaFrameとAirH”を組み合わせたワイヤレスシンクライアントの推進で協業

エンタープライズ モバイルBIZ

 シトリックス・システムズ・ジャパンとDDIポケットは、Citrix MetaFrameとAirH”を組み合わせた「ワイヤレスサーバーベースコンピューティング」の推進に向けた協業に合意したと発表した。

 MetaFrameは、Windows TerminalServerEditionの機能を強化するためのアドオンソフトウェアで、シンクライアントなどからリモートのサーバ上にあるWindowsアプリケーションを利用することができる。AirH”をアクセスに利用することで、MetaFrameサーバ上のアプリケーションを、Citrix ICAを搭載した各種クライアント(PDAを含む)から定額の接続コストで利用できるようになる(ICAは、14400bpsモデムなどでも利用できるようデザインされた接続アーキテクチャ)。

 今回の協業でシトリックスとDDIポケットが共同検証した内容などについては、両社の販売会社やパートナー企業に提供され、ワイヤレスサーバーベースコンピューティングの推進に活用されることになる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top