Pioneer Consulting、近い将来のワイヤレスインターネット市場の急拡大を予測。4Gの到来とともに | RBB TODAY

Pioneer Consulting、近い将来のワイヤレスインターネット市場の急拡大を予測。4Gの到来とともに

エンタープライズ モバイルBIZ

 米Pioneer Consultingは、ワイヤレスインターネットアクセスに関する調査報告書の中で、今後数年のうちに4G(第4世代移動通信)の普及に従ってこの分野が急成長するとともに、市場が機器・ISP事業の両面で大きく拡大、2008年までに、機器収益は191億USドル、ISP収益は184億USドルに達すると予測している。

 報告の要旨は、これまで市場の未熟さや開発力不足などを理由に広範な普及が阻まれていたワイヤレスインターネットアクセスが、4G技術を中心に提供される“ホットスポット”サービスの広がりとともに急速に拡大するというもの。これにより市場規模が数倍から十数倍に拡大し、4Gワイヤレス機器ベンダー・モバイルISP事業者の両者が収益を増大させるチャンスを得ると予想されている。

 4Gサービスは2〜3GHz以上の周波数帯を利用し、高速移動時で2Mbps、低速移動時で10M〜100Mbpsの通信速度をサポートするもので、2010年をめどとした実用化が検討されている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top