TTNet、2002年度中のIP電話サービス提供を示唆。ブロードバンド回線との重畳方式で | RBB TODAY

TTNet、2002年度中のIP電話サービス提供を示唆。ブロードバンド回線との重畳方式で

ブロードバンド その他

 東京通信ネットワーク(TTNet)は2001年度の決算概要報告の中で、IPを利用した音声電話事業に参入する考えを示唆した。

 現段階で計画されているIP電話は、同社の既存の中継電話事業(「東京電話」)のIP化ではなく、アクセス系のブロードバンドサービスに重畳する形で提供されるもの。ただし、個人向けか法人向けか、あるいは、PCを利用するのかターミナルアダプタ方式とするのか、など具体的な部分についてはすべて検討段階としており、「今年度中に何らかのサービスをリリース予定」という以上の具体的なアナウンスはない。

 TTNetは現在、個人向け接続サービスとしてADSL(イー・アクセス、フレッツ・ADSL)/FTTH(東京電力、Bフレッツ)サービスを提供するほか、関連会社のパワードコムが法人向けのデータ通信サービスを担当している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top