サン、ネットからの攻撃を検出・防止するiForce統合ソリューションを発表。セキュリティベンダー各社と共同で | RBB TODAY

サン、ネットからの攻撃を検出・防止するiForce統合ソリューションを発表。セキュリティベンダー各社と共同で

エンタープライズ その他

 サン・マイクロシステムズ、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ、トリップワイヤ・ジャパン、トレンドマイクロ、リコース・テクノロジーの5社は、攻撃や侵入といった不正アクセスを防止する「iForce統合セキュリティソリューション」の提供・支援に関して、アライアンスを締結したと発表した。

 iForce統合セキュリティソリューションでは、以下のように各社が得意分野を分担する。

チェック・ポイント:不正アクセスの防止と対応
 VPN-1/FireWall-1
トリップワイヤ:ホストデータの完全性保証
(ファイル書換の検出)
 Tripwire
トレンドマイクロ:ウイルス・ワームの防止と対応
 InterScan VirusWall
リコース:侵入者や攻撃の検出・対応(ハニーポットを含む)
 ManTrap/ManHunt

 各ソフトウェアは、規模に応じてサンのNetra X1/NetraT1 AC200/SunFire280R上にインストールされ、中枢管理コンソールから管理される。最小構成は、4台のNetra X1と、管理コンソール(SunBlade100)から。iForce統合セキュリティソリューションの初年度導入目標は1,000社。

 iForceは、サン・マイクロシステムズがパートナー企業と共同で推進する、ドットコムビジネス向けの包括的なソリューション提供プログラムで、セキュリティ以外にも、CRMやポータルなどさまざまな分野が含まれている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top