長崎ケーブル、スタンダードプランの下り速度を最大5Mbpsに引き上げ。ライトプランは500円の値下げへ | RBB TODAY

長崎ケーブル、スタンダードプランの下り速度を最大5Mbpsに引き上げ。ライトプランは500円の値下げへ

ブロードバンド 回線・サービス

 長崎ケーブルメディアは、6月1日よりCATVインターネット接続サービスの月額利用料を500〜1,000円値下げし、下り速度を約2倍にする。サービス改定と同時に、これまで月額利用料に含めていたモデムレンタル料(月額500円)を利用料と別に表記、レンタル料の一括前払い制も導入する。一括前納した場合のモデムレンタル料は25,000円。モデムレンタル料を別表示にしたことで、実質的には「ブロード」プランの利用料は据え置きとなる。

 また、グローバルIPアドレスを固定で割り当てる「固定IPサービス」がオプションサービスに追加された。利用料は、8個固定で月額10,000円、16個固定で月額18,000円。利用料のほかに、ネットワーク設定費用が1回あたり50,000円、IP割当手数料が1回あたり6,000円必要となる。

 6月1日からのサービスは次のとおり。

■ライト(旧ライトプラン)
 速度:下り128kbps(旧64kbps)
 利用料:2,800円(1,000円の値下げ)
 モデムレンタル料:500円

■ブロード(旧スタンダードプラン)
 速度:下り5Mbps(旧2Mbps)
 利用料:4,300円(500円の値下げ)
 モデムレンタル料:500円

固定IPサービス(オプション)
 利用料:
  8個:10,000円
  16個:18,000円
 ネットワーク設定費用:1回あたり50,000円
 IP割当手数料:1回あたり6,000円
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top