無線ルータでカメラがついて静止画配信機能付き。レジデンシャルゲートウェイを意識したNTT-MEのルータ | RBB TODAY

無線ルータでカメラがついて静止画配信機能付き。レジデンシャルゲートウェイを意識したNTT-MEのルータ

IT・デジタル その他

 NTT-MEは、新たな切り口で製品化したブロードバンドルータLivingGate iを6月より発売する。LAN側アクセスインターフェイスは802.11bのみでWAN側は10BASE-Tの口を持つ。スループットは4.6Mbps-4.7Mbpsで、ごく平均的なADSL・CATV向けブロードバンドルータといえる。

 LivingGate i の特徴は、ルータ機能に特化することなく、家庭内サーバとしての機能も持っていることにある。これまでレジデンシャルゲートウェイとして各社からいろいろな製品アプローチがあったが、NTT-MEのLivingGate iは、レジデンシャルゲートウェイの概念の中でも、コミュニケーション手段にシフトしたホームサーバに位置する製品だ。
 LivingGate iは、Webベースアプリケーションを動かすためにWebサーバ機能があり、その上で伝言板、カメラサーバ、ファイル共有、メモといった機能が動いている。ファイル共有以外は携帯電話からも利用できることが大きな特徴である。また、1万画素のCMOSカメラも装備しており、静止画画像のサーバとしても利用できる。

 NTT-MEは、LivingGate iの販売と同時にネットワークサービスとしてLivingGate iをサポートするLivingGateリンクサービスを提供する。LivingGateリンクサービスは、動的にIPアドレスが変化する一般利用者のIPアドレスに対して、LivingGateリンクサーバがリロケーションするサービスだ。よくあるダイナミックDNSとはことなり、LivingGate iとLivingGateリンクサーバ間でのIPアドレスの交換により、LivingGate iを配置している利用者環境を追従するもの。利用者は、LivingGateリンクサーバ上で割り振られたURLさえ覚えていれば、つねに自宅のLivingGate iにアクセスできる。なお、LivingGateリンクサービスは無償提供される。

 LivingGate iの価格はオープン。予想実売は47,800円程度となるとみられている。ノートPC用に無線LANカードが添付しており、1台のPCをすぐにつなげられるようになっているのが特徴。また、本日よりNTT-X Storeで先行予約受け付けを開始しており、先行予約受け付けで申し込んだ場合は、無線LANカードがもう一枚添付する。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top