富士通、MobileIPを使ったシームレスなローミング技術を開発。無線LANやPHS/携帯電話などを意識せず利用可能に | RBB TODAY

富士通、MobileIPを使ったシームレスなローミング技術を開発。無線LANやPHS/携帯電話などを意識せず利用可能に

エンタープライズ モバイルBIZ

 富士通研究所は、無線LANやPHS、次世代携帯電話など、さまざまなインターネット接続を、環境に応じて自動で切り替える「シームレスローミング」技術を開発したと発表した。

 シームレスローミング技術は、ネットワークを選択・設定するミドルウェアと、ネットワーク変更時にも通信をとぎれさせない「セッション維持技術」からなるもので、通信中に使用するネットワークが変更されても、とぎれずにデータ転送が継続されるという。

 具体的な製品化としては、富士通の無線LANソリューション関連製品への適用が予定されている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top