パックスネットインプレス、ブロードバンド利用のトレーダ向け情報提供サービス「LivePAX」を開始 | RBB TODAY

パックスネットインプレス、ブロードバンド利用のトレーダ向け情報提供サービス「LivePAX」を開始

エンタメ その他

 インプレスグループのパックスネットインプレスは、個人投資家向け金融・株式情報サイト「PAXNet」において、ブロードバンドを利用したインタラクティブな情報提供サービス「LivePAX」を開始した。

 LivePAXは、アナリストなど金融情報の専門家と一般の個人投資家をブロードバンド回線を通じて結びつける情報サービス。リアルタイムのビデオチャットにより、ユーザが専門家と直接対面して情報交換を行える点が特徴で、その他株価チャート等の資料を画面上に映し出す機能や、ユーザ同士のチャット機能など、個人がオンライントレーディングを行う際の情報収集をより平易にするような環境が整えられている。

 LivePAXの利用料は現段階では無料だが、6月下旬をめどに有料サービスが開始される予定。また利用環境として、ADSLレベル(150kbps以上)の通信回線と、Windows98以降のOSにブラウザとしてInternet Explorer(5.5以降を推奨)がインストールされたパソコンが必要となる。

 なお明日(5/15)の午後7時からオープニングイベントとして、マネックス証券の松本大氏によるオンライン講演会が、LivePAXを通じてライブ配信される予定となっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top