アイワから802.11bを使ったワイヤレスのAV送受信機。PCの出力をTVでみられる | RBB TODAY

アイワから802.11bを使ったワイヤレスのAV送受信機。PCの出力をTVでみられる

ブロードバンド その他

 アイワは、802.11bベースの無線を使ったAV送受信機DW-SS1を発売する。AV入出力を持ちは、離れたところでAVを楽しめるのが特徴。

 DW-SS1は、送信機と受信機のセットになっており、802.1bを使い、入力ビデオ信号をMPEG2エンコードして受信機に送信する。受信機側ではMPEG2デコードをしてビデオ出力をするため、アンテナ線の位置に限定されずに自由な場所でテレビを楽しめる。

 送信機側は、AV入出力とビデオコントローラで構成され、受信機側のリモコンを操作することで、送信機側に接続したビデオ機器のコントロールも実現する。PCのコントロール機能はないが、ビデオ出力付きのPCであれば、ビデオ出力信号をDW-SS1を使うことで、PCをおいていない場所にあるテレビに表示することもできるようになる。

 想定伝送距離は30m。価格は送受信機セットで65,000円。6月10日より発売となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top